奇麗な髪にするために、この時期に知ってほしいこと

①身体を冷えから守ることと、適度な運動女性ホルモンには、美髪、美肌にとても深い関わりがあります。
女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、
黄体ホルモン(ゲスターゲン)があり、特にエストロゲンには、髪の成長を促す働きがあります。
女性ホルモンのバランスが整っていれば、体調だけでなく、髪や肌が美しくなり、
反対に、女性ホルモンのバランスが崩れると美しさだけでなく、健康まで害してしまう恐れがあります。

どこに気を配れば良いかというと、
まず、女性ホルモンの大敵は、冷えです。
とくに冬の寒い時は体が冷えやすいので、ゆずやしょうがなど、
体を温める効果のある飲み物を飲んだり、腹巻きをしたり、カイロをつけて、
お腹周りを冷やさないことが大切です。
夜更かしも、ホルモンバランスを崩す原因となるので、夜は遅くても12時までには、寝るようにしてください。
そして、朝起きた時に太陽の光を浴びるのも、効果があるそうです。

また、ストレスをためないために、趣味に打ち込んだり、
ゆっくり湯船につかってリラックスしたり、ウォーキングなどの軽い運動をすることが効果的です。
激しい運動は逆効果なので、少し代謝がアップするくらいの運動が最適だそうです。
女性ホルモンのバランスを良好にしておくことが、美髪効果につながります。

②栄養を十分に摂る

髪の毛が細くなる原因として、体内に吸収されている栄養が不足していること
食事から摂取した栄養は、体内で均等に配分されるわけではなく、生命維持に重要な部分から優先的に配分され、最後の方に肌や毛髪に行き渡ります。
そのため、必要な栄養素が取れていない時は、肌や髪の毛から先に悪い症状が現れます。

とくに、ダイエット、食事を控えているときなどは、髪の毛が細くなってしまったり、抜けやすくなります。
また、過度なストレスを感じているときも血流が悪くなり、栄養を吸収しにくくなるので、髪の毛に悪影響が出やすくなります。
髪を健康に太くするためには、高タンパク質の食事がお勧めです。
髪や肌の元はたんぱく質からできています。
身近な食材では、豆腐や納豆、きなこ、卵、牛乳などが効果的です。

③頭皮環境の改善

石油系の界面活性剤不使用のシャンプーを使い、頭皮を柔らかくする為に、頭皮マッサージをすることも効果的です。
以前のブログでも書いているように、週に一度はシャンプー前にオイルを頭皮全体に刷り込んで頭皮が動くようにマッサージを3〜5分程度してください。
その後シャンプーをした後にしっかりすすいでください。

このように、毎日の生活習慣や栄養の取り方を見直すことで、しっかりとした健康な髪に改善されます。

オファーズヘアー 藤木康宏

;