正しいトリートメントのやり方

トリートメントを正しかやるための必要な6項目です。

①シャンプー後は、髪の毛を手で軽く握って絞るように軽く水を切ってください。

トリートメント成分は毛髪の水の通り道から浸透します。

乾いた毛髪にトリートメントをつけても中まで浸透しません。

逆に水分が多すぎると浸透するトリートメント成分量が少なくなって、

せっかくのトリートメント効果を最大限に発揮できません。

なので、少し水がしたたるくらいが丁度よいです。

②トリートメントの使用量は必ず守ってください。

毛髪の中に入るトリートメント量は決まっています。

たくさんつけたからと言って髪が良くなるわけではありません。

浸透されなかったトリートメント成分は表面に乗っているだけで、 

無駄で不経済で、すすぎが余計にかかる上に、流し残ればベタつきの原因になります。

トリートメントの目安はポンプ式だとショート半プッシュ、ミディアム1プッシュ、ロング2プッシュもあれば十分です。

また週一回使うような集中トリートメントはダメージが気になる場合でも週2回ほどで十分です。

③トリートメントをつける位置は耳から下、根元には絶対につけないでください。

トリートメントは地肌ではなく髪の毛に作用するもので、

地肌につけるとトリートメント成分が毛穴につまったり、ボリュームダウンの原因になります。

地肌には地肌用のトリートメントがあります。

地肌に近い根元の毛髪はダメージが少ないのでトリートメントしなくても大丈夫です。

トリートメントをつけるときは毛先からつけて中間に伸ばしていくイメージで付けてください。

荒目のくしなどを使うとムラなくつけやすくなります。

さらに、毛髪を束にして、手のひらや指の間で挟んでなめすように擦り込めば、さらに効果的です。

④トリートメントの放置時間は5分くらいはおいた方がいいと思いますが、時間をおけばいいというわけではありません。

トリートメントによってそれぞれ最適な浸透方法があります。

トリートメントの使用方法をよく読んでそれを守って使用してください。

できれば、放置時間は湯船に浸かった状態が一番効果的だと思います。

⑤流しすぎ(濯ぎ過ぎ)に注意してください。

普段から清潔にしている私たちは、髪の毛がぬるっとするのがイヤという方が多いですが、キュッキュッとするぐらいまでは流さないでください。

濯ぎすぎると毛髪の表面にトリートメントの成分は残っていません。

過度にトリートメントを濯ぐとトリートメント成分が流れてしまい、効果がなくなります。

トリートメントのすすぎは、少しヌルッとするくらいがちょうど良いです。

シャワーは、時間にして30秒から1分以内くらいが目安です。

コンディショナーの場合は、トリートメント以上にヌルッとするくらいにすすぎます。

シャワーは、時間にして10秒から15秒くらいで充分です。

⑥また、トリートメントとコンディショナーどっちが先にしたらいいのかをよく聞かれますが、コンディショナー(リンス)は髪の表面付近を補修するものでトリートメントは髪の内部から補修するものです。

さらにトリートメントには髪の表面も補修してくれるので、特別にコンディショナーを使ってくださいというような注意書きがない限りトリートメントとコンディショナーを同時に使う必要はありません。
もし両方使う場合は内部を補修してから表面を補修するので、トリートメントをつけてコンディショナーを使ってください。

オファーズヘアー 藤木

;