髪と頭皮のお手入れ方法

髪と頭皮のお手入れ

手入れの原点

①梳かすときに髪にかかる力をなるべく弱く

髪は摩擦に弱く、擦れることでキューティクルが剥がれます。

キューティクルが剥がれることが一番のダメージになります。

以前、美容室での一番最初にやることは、ブラッシングでした。

今では摩擦によるダメージを無くすために、必要以上のブラッシングをすることがなくなりました。

と言っても、髪が絡まることでのダメージもあるので、髪を梳かすことも必要ですし、

ブラッシングすることで髪の艶も出ます。

そのため、髪を梳かすときは、静電気が出にくいブラシを使い軽めに髪にかかる力を

なるべく弱くしてブラッシングしてください。

また、絡れている髪は無理に梳かさないで、もつれているところは、

毛先の方から梳かして、梳かす場所を少しづつ上の方にしてください。

シャンプー後などの濡れた髪を梳かすときは特に注意して、

荒めの櫛やブラシを使って軽く梳かしてください。

 

②髪のダメージに関しての注意することは、

髪の梳かし方に注意することはもちろん、

パーマやカラーに注意して、パーマやカラーを楽しんでください。

正しくかかったパーマは、あまり痛みません。

カラーはパーマに比べると痛みます。

特に自分でカラーされている方は、既に染まっている部分はなるべく塗らないようにして、

根元の染まっていないところだけ染めてください。

毎回、薬剤が余っているからと、毛先まで染めるとダメージが蓄積されて髪が痛みます。

お手入れする上でドライヤーやアイロンを使う時にも注意してください。

ドライヤーを使うときは、必ずドライヤーと髪の距離を10センチ以上は離してください。

アイロンは、絶対に乾いた髪の状態で温度を140°前後、160°以下で使ってください。

必要以上に熱を加えることで、最近では「髪の熱老化」と言う言葉が生まれ、

熱でダメージがひどくなることが実証されています。

また、今の季節はあまり関係ありませんが、紫外線にも注意することが必要です。

 

③日々の最低限の大事な手入れとしては、

シャンプーで地肌の汚れをしっかり落とすように洗って、

しっかり濯いで、リンスは毛先だけにつけて、軽く濯いだ後に

地肌と髪をしっかり乾かすことが大事です。

薄毛、脱毛が気になる方は、シャンプーの時や育毛剤の塗布の後、

頭皮のマッサージを習慣化することが大事です。

オファーズヘアー 藤木 康宏

;