秋に抜け毛が増える理由と抜け毛の対処方法

今回は、秋に抜け毛が増える理由と抜け毛の対処方法の話です。
何故、秋に抜け毛が増えるのかというと、夏の日差しと夏の間の過ごし方に影響されるからだと言われています。

その理由として、※髪や頭皮の紫外線対策をしなかった ※運動不足になってしまった
※睡眠不足が続いた ※さっぱりしたものばかりしか食べずに、栄養バランスが悪くなった、などです。

上記のことが当てはまる方は、頭皮環境が悪くなっていると思われます。
また、シャンプーの仕方(先月の話を読んでください)や生活習慣でさらに抜け毛が増えます。
抜け毛は、シャンプーの際に地肌の洗いが悪いと皮脂やフケ、汚れが毛穴に詰まり、
それが過酸化することで地肌に炎症を起こして抜け毛や毛髪の成長の妨げの原因になります。
また、無理なダイエットや睡眠不足、お酒の飲みすぎ、たばこを吸う方は、血流が悪くなり、
発毛するための栄養は血液が運んでくれるため、発毛サイクルがストップします。
一般的に髪は、一日100本程度は抜けるものだと言われています。
なので、抜け毛は一日あたり100本くらいは大丈夫だと言われています。
ある会社が男性の一日あたりに抜ける髪の本数を調べた結果、
「シャンプーの時に、指に絡んだ抜け毛の合計本数」・・・19.5本
「シャンプー後の排水溝に溜まった抜け毛の合計本数」・・・25.5本
「部屋の床に落ちた抜け毛の1日あたりの合計本数」・・・19本
「起床時、枕に残った抜け毛の合計本数」・・・13.7本
平均  合計77.7本
女性の場合はもう少し少ないかもしれません。

抜け毛は本数をチェックするよりも抜けた毛の状態を見ることの方が大事です。
それは、細い毛、柔らかい毛、毛根がしっかりとしていない毛、短い(生えて間もない)毛が抜けていると要注意です。
抜け毛が通常の髪の毛よりも細い毛、短い毛が多い場合は、ヘアサイクルの乱れや頭皮環境の悪化によって健康的な毛髪が育成されなくなっています。
頭皮環境の悪化から抜け毛や白髪にもつながってしまいます。

最後に、健康な髪を生み出すためには、
※生活習慣を改めることに加えて、適度な運動をし、血流の改善をよくすることです。

※自分に合ったストレス解消法を見つけ、ストレスを溜めこまないようにしてください。
ストレスから自律神経のバランスが崩れ、血流を悪くします。

※頭皮環境を整えるためには、食生活の見直しをすることからです。
脂っこいものばかり食べていると、皮脂が増え、頭皮の汚れや毛穴の詰まりを引き起こしやすくなります。
また、インスタントやコンビニのお弁当など、食品添加物を毎日のように摂取することで、頭皮や髪にも悪影響を及ぼす可能性があります。

※食事の栄養バランスがよくなることで、血行が良くなり、新陳代謝のリズムが整い、正常なヘアサイクルになり、それが改善につながります。

なるべく野菜や果物をしっかり摂取することで、代謝が整います。
髪のためにはタンパク質やビタミン類、亜鉛、良質な油を取り入れた食事が良いようです。
特に鶏肉や青魚、大豆食品、卵、ごま、くるみなどが良いようです。

一覧に戻る
;