雨や梅雨時期に髪がまとまらない原因

梅雨や雨の日に、髪がまとまらない原因とは?

以前は癖毛だけが原因と考えられていましたが、むしろ髪のダメージが髪の広がりの原因だったのです。

髪が傷むとキューティクルがはがれ、その部分から水分を吸収して、吸収された水分はキューティクルの内部に(コルテックス)ため込まれ、

水分をため込んだ部分が膨張し、うねりを起こします。それが原因です。

それでは、髪のダメージの原因はどこから来るかというと、

※ヘアカラー・パーマのダメージ(化学的なダメージ) ※紫外線によるダメージ ※ドライヤー、アイロン(熱)などによるダメージ(物理的なダメージ)

※ブラッシングによるダメージ(物理的なダメージ) ※カットによるダメージ(物理的なダメージ) ※シャンプーなどによるダメージです。

髪が広がりまとまらないのは髪のダメージから来る水分バランスが原因です。

雨の日や湿気の強い日にダメージを受けた髪のキューティクルが剥がれてしまった部分は、

毛皮質がむきだしになり、髪内部の水分や栄養が流れ出て乾燥してしまいます。

こうして水分調節がうまくできなくなった髪は、空気中の水分を吸い込んでしまうため、うねりや広がりを生んでしまうのです。

まとまるようにするためには、根本的な原因であるダメージを防ぐこと、つまり髪の乾燥を防ぐことです。

髪は乾燥すると「うねり」や「広がり」を生むだけではなく、硬くなり扱いづらくなってしまいます。

解決するためには髪に水分を与えてあげることです。

水分バランスはヘアオイル、トリートメント、シャンプーなどで解決することができます。

たとえば、UVケアとダメージ補修の両方ができるオイルや髪に潤いを与えてくれるシャンプー・水分バランスを整えることのできるトリートメントなどがあります。

当然、サロンのシャンプーがベストですが、市販のシャンプーの場合はシリコン入りシャンプーを選ぶ方がいいと思います。

シリコンシャンプーは、決して悪くありません。市販のシャンプーの場合、基剤の洗浄力が強く必要以上に皮脂を取ってしまいます。

それをカバーするためにシリコンが手触りや潤いを与えてくれます。

また、シリコンシャンプーを使用する場合の問題点は、すすぎをしっかりすることで解決します。

ただし、ボリュームがほしい方の場合は水分を与えることで、逆にボリュームがなくなりペッタリしてしまいます。

そんなお悩みがある癖毛の方は、カットやトリートメントなどである程度は癖を落ちつつかせることもできます。

ダメージで広がる方は、水分を寄せ付けないヘアケア剤もあります。

最後に、シャンプーは泡立てた後に地肌を洗って、よくすすぎ、リンス、コンディショナーは毛先につけてすすぎは軽めにしてください。

トリートメントをする場合は毛先につけて、すすぎはしっかりしてください。

トリートメントをする場合の順番は、シャンプー・トリートメント・リンスです。

一覧に戻る
;