髪の悩みの対処法

髪の悩みのベスト5は
1位・・・白髪(16.9%)
2位・・・抜け毛が多い(15%)
3位・・・くせ毛(12%)
4位・・・アホ毛(ピンピンはねた短い毛)が多い(9.8%)
5位・・・髪にツヤがない(8.6%)  だそうです。

1位の“白髪”は、年齢とともにいつの間にか出てしまい、カラーで隠すしか方法がありません。

また、若白髪に悩む人もいるはずです。

2位の抜け毛、3・4位のくせ毛やアホ毛も改善は難しく、多くの人の悩みの種となっているようです。

そこで「髪の悩み別」対処法のはなしです。

 

※ピンピンはねる“アホ毛”の原因と対処法

アホ毛には、“新しく生えてきた成長途中の髪の毛”と、“途中で切れてしまった短い髪の毛”の2種類があります。

新しい毛がなかなか伸びなかったり、まっすぐ生えずにチリチリになってしまう毛を未成熟毛と言います。

これは、“毛穴の詰まり”や頭皮環境の悪化により、髪の成長が邪魔されてしまうのが原因です。

また、途中で短く切れてしまうの場合は、傷みが原因です。

対処法は、髪の毛の洗い方や、ホームカラーのやり方、ドライヤーの仕方に気をつけることです。

シャンプーは指の腹を使って頭皮をよく洗い、トリートメントは頭皮にはつけないようにし、しっかりとすすぎます。

ホームカラーは、カラーの前日にシャンプーをしないことやカラーの周期を1ヶ月位は空けるようにすることと、

白髪のところだけ染めるようにすることです。

また、ドライヤーの風を上からキューティクルに沿って乾かすことで髪がまっすぐに乾くようにしてください。

 

※うまく扱えない“くせ毛”の原因と対処法

くせ毛は、“先天的くせ毛”と“後天的くせ毛”があると言われています。

先天的くせ毛の原因は、毛根の形や髪の毛内部のタンパク質のバランスが影響します。

後天的くせ毛は、物理的な物(ゴムの結び癖)と身体のホルモンバランスが乱れたり、

頭皮への栄養が充分でなかったり、毛穴が詰まったりすることで起こります。

後天的くせ毛のゴムの結び癖は、ゴムをほどくときに結び目を一つずつ外すことです。

また、身体的な物の場合は充分な睡眠と栄養をとり、アホ毛と同じく毛穴が詰まらないよう髪の洗い方に注意してください。

先天的くせ毛には、縮毛矯正やストレートパーマが効果的です。

※心配になる“抜け毛”の原因と対処法

抜け毛は、バランスの悪い食事、栄養不足、ストレスの蓄積や頭皮ケアの怠り、

老化によるホルモンバランスの乱れによって起こりやすくなります。

対処法は、生活の改善と、定期的な頭皮ケア。栄養をしっかりとり、規則正しい生活を心がけます。

また、定期的にヘッドマッサージを行うのもいいでしょう。

頭皮ケアやヘッドマッサージの方法は下記のアドレスに詳しく載せています。

参考にしてください。http://www.ofa-s.com/?p=1405

これらを試みても改善されない場合は、病院に行くのがベストです。

中には、円形脱毛が次々にできて最終的に髪の毛が全部抜ける場合もあるようです。

 

※あると老け見える“白髪”の原因と対処法

白髪は、遺伝、老化、栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、病気、ヘアケア製品選びの間違いなど、その原因はさまざまです。

“白髪は遺伝や老化によって発生する”というイメージが強いかと思いますが、まだ解明されていない部分も多いそうです。

私自身は、薬も影響しているのではないかと思います。

対処法は、食生活の改善、充分な睡眠、ストレス解消、適度な運動、頭皮環境を整える、禁煙、貧血や低体温の改善などです。

ただし“絶対コレがいい”という対処法は見つかっていないのが現状です。

食生活ではカルシウムや ビタミン、ミネラルなど、ごまや海藻などが良いようです。

また、白髪を見つけた際は、抜いてしまうと毛根によくないのはもちろん、生えてこなくなるので、できるだけハサミを使って根元から切るようにしてください。

一覧に戻る
;