マスクをした場合のヘアスタイルの考察

緊急事態宣言が解除され、日常が戻りつつありますが、

当分はマスクをしたままの生活が続くと思われます。

理想のヘアスタイルは、身長やその方のファッションも加味して考えるのですが、

単純に顔に合わせてスタイルを考えると、卵形で小顔に見えることが一般的になります。

では、マスクをした顔にはどんなヘアスタイルが似合うでしょうか。

小顔に見せるためのヘアスタイルは、髪を使って顔のいくつかのポイントを隠すようなデザインになります。

これからは、コロナの影響でしばらくはマスク姿で生活をしなければなりません。

マスクをすることで、顔の半分以上がマスクで隠されています。

この時点で、すでに小顔になっています。

その状態でのヘアスタイルをデザイン理論から考察すると、

前髪を重たく下ろすと顔の見えている部分がほとんど無くなり、印象が暗いものになってしまいます。

マスクをしていない状態でも、前髪を下ろして、尚且つ、耳が見えないくらい顔の横側を隠すと顔に影ができて暗い印象になります。

逆にしっかりおでこを出して、耳が見えるくらい顔を出してヘアスタイルを作ると、明るい印象になります。

ちなみに、ニュースキャスターや、CAなどは明るい印象を演出するために、顔を出しています。

なので、マスクをした場合、ヘアスタイルを作る上で大事なことは、おでこを見せることになります。もし、見せたくないのであれば、前髪を軽くしたりシースルーにしたり、少しだけ分け目を作って前髪を下ろすことで顔の印象を明るくすることができます。

結論としてはマスクをした時と外した時の両方に合わせたヘアスタイルを考えるを前提に、

おでこを出して(前髪を軽めに下ろしても可)髪が顔にかからないヘアスタイルが明るい印象になります。

逆に目立ちたくない時は前髪を下ろして、影を作ることです。

追伸

これから益々日差しが強くなってくるので、マスクをして外出する時は、日焼け止めをしっかりしてください。マスクの素材にもよりますが、マスクの下にもした方がいいと思います。マスクをしていないところはより丁寧に、つける回数を多くした方が良いと思います。

オファーズヘアー  藤木康宏

 

 

;