年齢が上がると髪の伸びは遅くなるのでしょうか?

髪はどうして伸びるのでしょうか。
髪の毛は血液を栄養にして成長します。
それでは、髪はずーっと成長するかというと、女性は5〜6年で自然脱毛します。
髪の毛は完全体というものはなく、生えては抜け、生えては抜けというサイクルを繰り返します。
それが毛髪のライフサイクルと言います。
(「成長期」5〜6年→「退行期」2〜3週間→「休止期」2〜3カ月)休止期の割合が10〜20%あると言われています。
年齢を重ねるごとにその周期に乱れが生じ、成長期が短くなって退行期や休止期の状態が増え、抜け毛が増えやすくなります。
女性の場合は男性に比べて、上記の症状にはなりにくいですが、髪の毛一本の太さが細くなる傾向があります。

では、年齢と髪の伸びは関係あるのかというと、
最近は、人の髪の毛は1ヶ月で1.3〜1.5cm伸びると言われています。
年齢によってそれほど大差はないといわれていますが、若年層の時の方が毛母細胞が活性化され、血液循環が良いので髪の成長が早い可能性があります。
ただそれでも10代だからといって1ヶ月で2cm以上伸びることはありません。
逆に高齢になると、血行障害などで血液の流れが悪くなります。
その結果、毛母細胞の活性化が思うように進まず、髪の毛に栄養が行き渡らない可能性があり、1ヶ月 1cmも伸びない方もいるようです。(特に病気や栄養不足の方に多いようです。)
ですが、男性に比べて女性は髪の毛の成長が遅くなることは少なく、髪の毛一本一本が細くなる方が多いようです。

髪を早く伸ばすためにすると良いこととは
髪を早く伸ばしたいなら、髪を育てる栄養素をできるだけたくさん摂ることです。
髪を形成しているのは、ケラチンPPTと呼ばれるタンパク質。
タンパク質を多く摂取することで髪の成長が早くなる可能性があります。
タンパク質が多い食材は下記のようなものです。
・牛乳・ヨーグルト・チーズ・鮭・大豆(枝豆)・鶏肉・卵・牛肉・豚肉・魚
上記の食材を摂取することが大事です。
そして、もう一つは血行促進をやることです。
血液循環を良くすれば、それだけ栄養素がスムーズに髪に行き渡ります。
血行促進作用を与える方法は、マッサージ、ヘッドスパ、育毛剤や養毛剤です。
シャンプーや、トリートメントにも血行促進作用がある物もあります。
成分としてアルニカ花エキス、イチョウ葉エキス、カミツレ花エキス、ショウキョウエキス、セージ葉エキス、センブリエキス、トウガラシエキスなどに血行促進作用があるといわれています。
育毛効果のあるシャンプーやトリートメントを使い、その時に、頭皮をずらすようにマッサージすると効果的です。

余談ですが、以前は髪の毛伸びは、1ヶ月に1センチと言われていましたが、今は1.3〜1.5センチ伸びているようです。
その要因は、たんぱく質の摂取量が、以前に比べて飛躍的に多くなっているからだと考えられます。
また、どちらも同じたんぱく質から出来ている髪の毛はPPTケラチン、皮膚はPPTコラーゲンというたんぱく質からできています。
髪が伸びるようになったのと比例して、皮膚も栄養が行き渡っていることで、全体的に皮膚も奇麗になったことで、以前に比べて皆さん若くなっているようです。
髪も皮膚もたんぱく質を摂ることが大事になります。

藤木康宏

;