梅雨の時期のくせ毛対策

今回は、くせ毛対策の話です。

くせ毛の原因は、髪の毛の中のたんぱく質(コルテックス細胞)が偏ることで、ねじれ、うねりが出て、くせ毛になります。

髪の毛の偏りは、未解明です。

また、直毛の方でも、パーマやカラーなどの化学処理や、物理的に無理な引っぱり(例えば、ゴムで結ぶことによるもの)によって、

うねりが強くなり、くせ毛になります。

先天性のくせ毛は縮毛矯正でストレートにすることができますが、髪内部が空洞化した後天性のうねりにストレートパーマや

縮毛矯正をすると、髪をさらに傷め、ますます扱いにくくなることもあります。

特に生え際など、部分的にくせ毛・うねりがひどいのは、その場所が、生えた後にそうした影響を受けやすいことも

原因のひとつとして考えられます。(くせ毛はダメージや無理な引っぱりによって増幅されるからです。)

具体的なくせ毛の対策方法として

トリートメント&ブローでのくせ毛対策として

くせ毛の改善は毎日のトリートメントやブローの仕方を見直してみてください。

うねりは、髪の内側にある水分が蒸発して起こる現象です。この髪の毛の水分量を保つことができれば、うねりを軽減させられます。

シャンプー後のトリートメントの際に、しっかりと保湿成分を入れ込んで、保護膜を作ることで、水分の蒸発が防げて、

ツヤッとした髪を保てます。

①シャンプー後にトリートメントを塗ったら、髪全体に行き渡るように、手ぐしでもみ込む。耳の後ろの毛を忘れやすいので

意識してもみ込む(地肌には、つけないでください)

②手ぐしで全体に行き渡らせたら、両手で髪を挟んで成分を入れ込む。

髪の毛にトリートメントを密着させながら、より深くまで入れ込ために、両掌で根元から毛先に向かって何度か滑らせることです。

その時、髪の毛を3~4束に分け、摩擦しないように注意してください。

③できれば、ジャンボコームでとかして、髪1本1本にトリートメントを浸透させることで、成分がより入り込みやすくなり、

表面に膜できるためにうねりにくくなる。

④最後に、トリートメント塗布後は、3分から5分程度置くことが大事です。

髪の中が乾燥すると、そこにたくさん水分を取り込もうとして、髪がわん曲し、うねります。

なので、洗髪後に自然乾燥で乾かすことで、うねりが強くなります。

ぬれた状態が続くと、キューティクルが剥がれやすくなり、その隙間から水分が入って膨張し、

さらにキューティクルがはがれたり、うねりが強くなります。

だから、洗髪後、すぐに根元から乾かすことが大事になります。

また、キューティクルは根元から毛先に向かって鱗状なので、ドライヤーも根元から毛先に当てます。最後に冷風で引き締めてください。

 

くせ毛改善するためのドライヤーテクニックとして

軟らかい毛質のくせ毛には、根元を起こしてふんわりしたボリュームを出したい場合は、

ドライヤーの風は下から当てて空気を入れることです。

軟毛は乾きやすくパサパサに見えてしまうため、できれば、髪のダメージからも守ってくれるドライヤーを使い、

強すぎない風で乾かすのがおすすめです。

軟らかいくせ毛の方は下からが基本です。

髪が硬くて太いくせ毛の方は、軟毛の方とは逆に、上から下に向かってドライヤーを当ててください。

一番の基本は、ボリュームを出したい方は、ドライヤーの風を地肌に対して垂直に当てて、

ボリュームを出したく無い方はドライヤーの風を平行に当てることです。

①タオルドライで水分をよく取ってから、毛束の中間~毛先を手の中に丸め、洗い流さないトリートメントなどをつけて、

よくもみ込む。

軽い質感に仕上げたい場合は、ベタつくものは避けてトリートメント効果のあるものを選んでください。

②前髪は自然に乾きやすく、嫌なクセがつきやすいので即乾かすことです。

片手の指先で頭皮をこすりながら根元のくせを取り、ドライヤーの風を上から当てる。

③特にふっくら見せたいトップは、まず分け目と逆方向から毛束を持ってきて上にあげながら、

根元にドライヤーの風を当てる。

このときは下から風を当て、根元をよく立たせてください。

④髪を軽く持ち上げて根元に風を送りやすくし、下から風を当てて根元がふんわりするようにする。

太くて硬い方は、上から下に当ててください。

毛先が散ってボサボサになるため、毛先には下から風を当てないことです。

オーバードライは、パサついてツヤが出なくなります。軟毛の方は、

ほかの部分をドライしているうちに毛先は自然に乾いていることもあります。

毛先まで完全に乾かそうと意識しないくらいがちょうどいいでしょう。

最後は、冷風を当てて終わってください。

とにかく、しっかりトリートメントをして、しっかり乾かすことでかなり改善されますが、

それでもうまくいかない方には、湿気を寄せ付けないスプレーや、シャンプーなどもあります。

また、最近では、うねりは気になるけど、縮毛矯正をかけるほどでもない、かけたくない方には、

癖を抑えながら艶やかにふんわりまとまるクセトリ効果のあるヘアチューニングというメニューもあります。

一度、上記のやり方を試してください。

オファーズヘアー  藤木康宏

;