毛髪の成長と脱毛、白髪についての考察

髪は、約5〜6年のサイクルで成長して抜け落ちます。
しかし、何かしらの原因でこのサイクルが早まると、髪が太く伸びる前に成長が止まり、細く短い毛が抜けやすくなってしまいます。これを「男性型脱毛症」と言います。
髪の毛は1日に50本から100本程度抜けるので、抜け毛の本数を気にする必要はありませんが、細く・短い抜け毛が多い場合は、要注意です。
<男性型脱毛症(薄毛)の原因>
☆遺伝
髪に関する遺伝子は母方から受け継がれると言われていますが、他方、男子は母親の父、つまり、母方の祖父、女子は、父方の祖母の遺伝を一番受け継ぐとも言われています。
ということは、男子は母親の親戚に薄毛の人がいると、その人自身も薄毛になる傾向があると言われています。
☆紫外線
最近特に、紫外線は髪や頭皮に大きなダメージを与えます。
ケアを怠っていると、頭皮に炎症が起き、髪の毛の成長が阻害されて抜けやすくなってしまいます。
紫外線から頭皮を守るため、外出時は通気性の良い帽子をかぶりましょう。
☆食生活の乱れ
不規則な食生活も薄毛の原因になるため、バランスの良い食生活が大切です。なかでも積極的に摂取したいのが、「たんぱく質」と「ビタミン」です。
この二つは毛髪だけでなく、お肌にも大事なものです。
髪と爪はPPTケラチンからできていて、お肌はPPTコラーゲンでできています。
お肌が角質化するとPPTケラチンに変化します。
このことから、髪と肌は同じ種類のタンパク質からできていると言えます。
たんぱく質は、髪を作る素になり、
ビタミンは、頭皮の健康を保ち髪の成長を促進してくれます。

白髪について

髪の毛はもともと白い状態で生えてきて、メラノサイトから放出されるメラニンによって黒く染められながら伸びていきます。

そのため、メラノサイトの働きが低下するとメラニンが生成されにくくなり、白髪になります。
原因は、加齢や食生活などさまざまですが、遺伝の影響を一番うけるようです。
また、私見ですが、循環器関係の薬を常用されている方も白髪が多いように感じます。
一度白髪になった髪の毛は、黒く戻る事はほぼありません。
<白髪を加速させる生活習慣>
☆睡眠不足
睡眠不足によってストレスを感じると、自律神経が乱れ血行不良が起こります。すると、髪へ栄養が十分に行き渡らず、メラノサイトの働きが低下。白髪につながります。他にも、肩や首にコリを感じている人は、血行不良により白髪につながる恐れがあります。

フケについて

フケは、頭皮のターンオーバーによって発生するものなので、少量なら問題ありません。
しかし、大量に出るとフケそのものが頭皮を刺激し、つらいかゆみが生じてしまいます。大量のフケが出る原因は、皮脂の少なさ。皮脂が少ないと、紫外線から頭皮を十分に守る事ができず、頭皮がダメージを負います。すると、頭皮を再生するためにターンオーバーが早まり、フケが大量発生してしまうのです。
<皮脂が少なくなる原因>
・間違った洗髪方法
指を立てて強く洗うと頭皮が傷ついて乾燥しやすくなり、皮脂が減少します。また、朝シャンも必要な皮脂がなくなることで、頭皮を紫外線から守れなくなることで、トラブルの原因になります。

髪・頭皮を健康に保つために「正しい髪の洗い方」

☆シャンプー前のすすぎ
まずは、お風呂の掛け湯と同じように、お湯だけで90秒間くらいシャワーでしっかり洗ってください。
髪を濡らすのではなく、お湯で頭皮を洗うようにすることがポイントです。
しっかりお湯で洗う事で頭皮の汚れが80〜90%は落ちます。
☆シャンプー
シャンプーは手のひらで泡立てたうえで、頭皮につけて、手の指の腹全体で、指を立てずに爪が当たらないように洗ってください。
その時、毛先は絶対に洗わないで大丈夫です。
頭皮をしっかり洗うだけで、シャンプーの泡が毛先まで流れていって、汚れをとってくれます。毛先の汚れはそれだけで十分落ちます。
シャンプー後のすすぎは、最低、2分以上はてください。
 
また、頭皮を揉み込むようにマッサージするように洗うことでスパのような効果があり、血行不良が改善され、抜け毛の予防や育毛、発毛、白髪の予防にもつながります。
☆ 乾かし方
濡れた髪は痛みやすいため、タオルを軽く押し当てるようにして水分を拭き取ってください。ドライヤーは、頭皮や髪にダメージを与えないように15cmほど離して風を当てましょう。

 

;