毛髪の老化現象の対処のためのヘアケア

若い頃、ストレートだった髪にうねりが出たり

髪の表面に癖毛のような細かい毛が出てきてパサついて見えて、

年齢とともにお手入れが面倒になったと感じませんか?

髪の老化現象に「うねり」や「パサつき」がありますが、

一番最初に思いつく毛髪の老化は白髪だと思います。

白髪は出てくるとすぐに判るし、取り敢えず対処できます。

それに対して、「うねり」や「パサつき」はいつの間にか出てきます。

これは、毛髪の老化によって髪の中のタンパク質が所々減少することで、

ストレートだった髪がうねることで、毛髪は少なく感じるのにむしろ、パサついて広がったりします。

この原因は毛髪がエイジング毛になったという事です。

※髪がエイジング化して「うねり」が出る原因としては

①毛穴のゆがみと頭皮のたるみ

顔の筋肉と同じようにさに、エイジングによって頭皮の筋膜(帽状腱膜)が衰えます。

その事で毛根を取り囲んでいる毛穴が緩んで毛穴の形が変わって、

毛髪が成長するときに変わった毛穴を通過する時にうねって生えてくるようです。

きれいな毛穴からはまっすぐな髪が生えますが、

変形した毛穴から癖毛になって出てくることで、うねった髪が生えてきます。

特に皮膚がたるみやすい耳上部から下は(襟足)クセやうねりが出やすくなります。

②白髪を抜く時に無理に抜く事で毛穴に歪みが出やすくなって、その後に生えてくる髪もうねります。

白髪は絶対に抜かないでください。

それは、白髪を抜くと髪が生えなくなって少なくなります。

うねりが出るばかりか、髪が少なくなって髪のボリュームもなくなり、より老けて見えるようになります。

また、一度白髪が生えた毛穴からは、生えてきたとしても白髪になる場合が多く、

その白髪もうねって生えてきてより目立つ可能性があります。

③毛髪内の水分バランスの乱れからうねるようになります。

髪の主成分はタンパク質、水分、脂質、メラミンなどで構成されています。

熱や乾燥などの物理的なもので、タンパク質が減少したり、無くなることで毛髪の水分量バランスが悪くなります。

その水分バランスの崩れが髪のうねりな繋がります。

また、エイジング毛になる事で、毛髪の所々に空間ができて、

隙間があるところとないところで水分バランスの違いからうねりが出てきます。

※「パサつき」の原因とは

①光が当たった時に、ストレート毛は正反射しますがうねった髪は乱反射します。

正反射した髪は天使の輪がでますが、乱反射した髪は全体が白っぽく見えます。

白っぽく見える事でパサついて見える主な原因になります。

髪の表面を覆うキューティクルが整った状態であればキレイなツヤのある髪になります。

しかし、うねった髪は光を乱反射してツヤめかず、パサついて見えてしまうのです。

②皮脂が減少することで、髪の潤い不足からもパサつきはおこります。

頭皮から分泌される皮脂は適正な皮脂は最上級の天然のヘアオイルで、

髪に潤いを与えていますが、加齢によって皮脂の分泌量が減ってきます。

そのとで髪に潤いがなくなり、パサついてきてしまうのです。

 

※加齢による「うねり」「パサつき」対策には

エイジング毛や毛穴の歪みのには頭皮マッサージすることで、良くなります。

頭皮のコリをほぐすこと(筋膜リリース)で、血流がよくなり、

その結果として健康な髪が生えてきます。

ズバリ、ヘッドスパなどをするのがいちばんですが、

自分でも頭皮を動かすようなマッサージをすることです。

方法としては親指以外の両手4本の指の腹を使って、

おでこの上の生え際に両手4本の指の腹を置き、頭頂部に向かって、

頭皮を上に引き上げるようにゆっくりずらしていきます。

両耳の上の頭皮を小さな円を描くように動かします。

後頭部から頭頂部も同じように、耳の後ろあたりに指を置き、

真ん中に向かって頭皮を動かすように指をずらし、徐々に頭頂部へと動かます。

指に力が入りにくい場合、頭の上で両手指同士を組み合わせて、

両手の手首のすぐ上(掌)の部分を頭角に置いて、

手を組んだ状態で両手掌を強く頭皮に押し当てて上に持ち上げてください。

この部分が帽状腱膜になります。

この頭皮マッサージは毛髪の健康はもちろん、リフトアップ効果もあります。

頭皮マッサージをする上での注意点として、絶対に爪を立てずに、

指の腹でしてください。また、シャンプー前に天然オイルを使うこともおすすめです。

オイルを使ってマッサージすると、毛穴の汚れも一緒に落とすことができます。

 

※シャンプーの前には必ず梳かすことです。梳かすことで髪の絡まりがほどけ、

シャワーが頭皮まで届きやすくなる事でシャンプーの泡立ちがよくなり優しく洗えます。

「うねり」「パサつき」は頭皮の汚れや余分な皮脂をきちんと落しておくことも大切です。

シャンプーした後はすぐにドライヤーを使ってしっかり乾かしてください。

濡れたままにしておくことは髪にも頭皮にもよくありません。

タオルで拭いた後、すぐにドライヤーで乾かしてください。

特に地肌はすぐに完全に乾かしてください。

頭皮が濡れていると、頭皮の常在菌のバランスが崩れて、

育毛、発毛、フケ、かゆみの原因になります。

癖毛の方やうねりがある方は特に完全に乾かしてください。

完全に乾かすことで、ある程度の癖やうねりは治ります。

完全に乾く前に止めると、乾いた時に癖やうねりが出てきてしまいます。

シャンプーした後にすぐに乾かすことで、翌朝のお手入れがぐっと楽になります。

オファーズヘアー 藤木康宏

;