白髪の原因と白髪を少なくする食事

白髪の原因は、遺伝や加齢・ストレスなどといわれていますが、本当のところ、解明されていないようです。

白髪になるメカニズムは、メラニン色素の量が少ないと白髪になるといわれています。

科学的な根拠はありませんが、仕事をしていて、たくさんのお客様の髪を見てきて、個人的な意見として、循環器系の薬を飲んでいる方も白髪が多いような気がします。

メラノサイトとよばれる細胞がメラニン色素を作り出すことで、髪を黒く保っているのですが、このメラノサイト細胞が生成されなくなると白髪になるわけです。

この細胞を生成させるためにいろいろな栄養素が必要です。

その栄養素は体の中で生成できない物も多く、食べ物から摂取できないと白髪になりやすくなる可能性があります。

また、メラニン色素を作るためにはチロシナーゼとよばれる酵素を必要とします。

このメラノサイトとチロシナーゼを活性化させる食べ物を食べるように心がけると白髪を少なくする作用が期待できます。

それでは、白髪を抑える食べ物とは?

※白髪を少なくする効果のある栄養素は、ヨード・チロシン・銅などです。

※ヨードは白髪を抑えるだけでなく、髪を健康に保つはたらきもあります。

ヨードが多く含まれる食べ物は海藻類や魚介類です。具体的には、昆布、ヒジキ、ワカメ、カツオ、ブリ、サバなどです。

※チロシンはメラニン色素の原料になる物で、チロシンが足りないと髪の毛に色がつかなくなるため、白髪が増える可能性があります。

チロシンはチーズ類や大豆(豆腐)、ナッツ(アーモンド)、果物ではバナナ、アボカド、リンゴ、魚介類ではカツオ、マグロ、タラコ、ウルメイワシなどです。

※銅は、チロシナーゼのはたらきを助ける物で、体の中では合成できないので食べ物から摂らなくてはいけません。

チロシンと銅を合わせて摂ることで白髪を少なくする可能性を期待できます。

銅は、納豆、ゴボウ、ニンニク、そば、サツマイモ、玄米、エビ、カニ、プルーンなどに含まれます。

白髪の原因はわかっていませんが、食べ物で改善する可能性もあります。

最近、ネットなどで白髪が改善するサプリもありますが、食事からの方がいいと思います。このサプリは少し胡散臭いです。

 

白髪の多い人は薄毛にならないという噂がありますが、白髪になるということは髪や頭皮の健康状態が良くないということで、

白髪が増えだした際には、薄毛になる前兆だという人もいますが、毎日毎日、お客様の髪を見ている人間からの視点としては、

女性に関しては、白髪の多い人は薄毛にならないように感じます。

ただ、男性に関しては、白髪が気になりだしたら薄毛の前兆だと考え、早期に薄毛の対策をすることをおすすめします。

 

最後に改めてシャンプーとコンディショナーの正しいやり方を伝えます。

シャンプーをつける前に、十分にすすいで、シャンプーは手のひらに取って手のひらで泡立ててから頭皮にしっかりつけて頭皮を指の腹でこすってください。

2度洗いの場合は、1回目のシャンプーのすすぎは軽めでかまいません。

シャンプーのすすぎはしっかりしてください。

リンスやコンディショナーは毛先につけて、頭皮にはつけないでください。

すすぎは軽くして、少しコンディショナーの感触が残るくらいがサラサラになります。

すすぎすぎることでパサついたりします。

また、トリートメントはリンス、コンディショナーの前にして、すすぎはしっかりしてください。

トリートメントの後は、乾燥しやすい髪質の方はリンス、コンディショナーをしてください。それ以外の方はしなくて大丈夫です。

この時期、シャンプー後、すぐに頭皮だけは必ず乾かしてください。

毛穴がいつまでもしめっていると、頭皮のトラブルの原因になります。

オファーズヘアー 藤木康宏

;