髪の悩みとその対処法

髪の悩みは

1位 癖毛  2位 髪に艶が無い  3位 枝毛、切れ毛   4位 髪が細い、少ない

5位 パーマ、カラーによるダメージ 6位 頭皮トラブル となっています。

上記6つの悩み中で、1位と5位の癖毛とダメージ以外は関連性があります。

まず、2位と3位の悩みは、髪に艶がないと言うことは髪がパサついて乾燥しているということから、

お手入れするときに絡まってしまい、それが切れ毛の原因になり切れ毛が枝毛になると言うことです。

対処法としては、パサつかない様にするためには正しいコンディショナー、リンス、トリートメントをしてください。

また、髪を梳かす時、ひとつ結びにした髪のゴムを解く時に注意してください。

絡れた髪を梳かすときは、毛先から梳かして、少しづつ上に梳かし進めてください。

ゴム紐を解くときは、一気に引っ張って解かないようにして、ゴム紐をひとつづつ外してください。

もつれた髪の梳かし方とゴム紐の外し方に気をつけることで、抜け毛切れ毛が気にならなくなります。

位の髪が細い、少ないのは頭皮トラブルが原因で髪の成長が損なわれて細くなったり、

少なくなったりしていることが考えられます。

頭皮トラブルをなくすための方法として、髪が少ない、細毛の悩みがある方には、

正しいシャンプーとリンス、トリートメントをすることをお勧めします。

(シャンプーの後に特に地肌だけはすぐにドライヤーで乾かしてください。)

髪が少ないかたは、シャンプーをすることで、髪が抜けて少なくなると思われているのではないでしょうか。

シャンプーをして抜ける髪は、シャンプーしなくても抜ける髪です。

正しいシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントをすることで、

髪の悩みの大部分を解決することができます。

お手入れのポイントは、シャンプーを手のひらでしっかり泡立てて、地肌をしっかり指の腹で洗うことと、

すすぎはしっかり地肌を指の腹でこするように動かして、しっかりすすぐことです。

その後、リンスや、コンディショナーは、髪の中間から毛先に付けて、すすぎは軽くすることです。

リンスのすすぎは、洗面器だと二杯、シャワーだと10秒以内で大丈夫です。

シャンプーの後は、特に地肌を直ぐに乾かしてください。

できれば、化粧水を付けるように地肌に、頭皮用のローションなどを付けていただくと、完璧です。

最後に、シャンプーは、必ず夜してください。特に黄砂がひどい時期には、尚更です。

朝シャンプーは、紫外線が強くなるこれからの季節は、特に頭皮によくありません。

シャンプーを朝することで、大事な皮脂が洗い流されてしまい、頭皮の皮脂膜がなくなってしまいます。

頭皮から出る皮脂の役目は、

・頭皮が乾燥してしまい乾燥肌にならないように水分を保ってくれる保湿効果。

・弱酸性の皮脂膜が細菌などが繁殖しないようにする殺菌作用。

・皮脂の油で頭皮や髪の毛も艶やかで滑らかな状態にします。

・皮脂膜がそホコリや紫外線が頭皮に直接あたらないように守ってくれる役目。

この皮脂が、過剰分泌されることで脂ぽい髪や、臭いが気になるようになります。

これが頭皮トラブルの原因になります。

夜、シャンプーをすることで、皮脂が朝までに頭皮や毛髪をコーティングしてくれることで頭皮や毛髪を守ってくれます。

このように頭皮トラブルが起きないようにするためには、シャンプーの後のお手入れが大事です。

癖毛とダメージの悩みは、改めてご案内します。

藤木 康宏

;